がんと戦う猫の闘病記

癌だと分かって抗癌剤を打ちました

ウチの猫は、癌になって、発見された時がステージWということで、かなり深刻な事態。
もっと早くに発見できていればと悔いましたがこれから出来るだけのことをする事にして、前向きに捉えてやってゆこうと覚悟を決めました。

 

そして、少しでも良くなってもらおうと抗癌剤を投与。
投与する際、獣医さんとも相談してかなり慎重に量を決定。
抗癌剤は正常細胞も同時に攻撃するので、副作用が強過ぎると命に関わります。

その結果は・・・なんと、比較的マイルドな抗癌剤を、しかも薄めて打ったにもかかわらず貧血で死にかけました・・・。
PCVという値があるのですが、正常値が30以上位とされているのに、うちの猫はなんと6!

 

抗癌剤が正常細胞をかなり攻撃してしまって、造血ができなくなって大変なことに・・・。
抗癌剤投与にこういうリスクは当然有るのですが、さすがに規定量の半分で死にかけるとは・・・
その後、兄弟猫から輸血をしてもらって持ち直している間に、獣医さんの指示で造血作用があるペットチニック ...を投与。

 

でも、これだけだとどうにも不安だったので、子猫用ミルクをお湯で溶いて注射筒に入れて経口投与!
相当な量を飲ませ続けました。

 

さらに、知人からの紹介で抗癌作用があるとされている【イペットS】を投与。
サイトに飛ぶと、犬の画像がドーンと出ているので躊躇しましたが、問い合わせたところ猫にも全く問題ないとのこと。
2週間ほどで体重が増加に転じました猫の体重が戻って良かった

 

正直、かなり状況が悪く、もうお別れを覚悟した猫にあげたイペットが、まさかこんなに元気にしてくれるとは思いませんでした

 

副作用もないイペット.をこれからもあげ続けてゆこうと思います。

 

猫ちゃんのことを1番に考えた理想のごはんイギリス産プレミアムキャットフード『シンプリー』

猫のがんと分かってからの闘病生活記事一覧

うちの猫は抗癌剤の副作用で正常細胞を破壊。貧血で死にかけてしまいました。抗癌剤を下手に入れすぎると死んでしまう・・・かといって、入れないわけにもいかないジレンマの中、ネットや動物雑誌など、何か飼い主に出来る事はないかと調べてみました。もしかしたら、このサイトにたどり着いた貴方のように。そして、良さそうなモノを色々調べてみて、うちの猫に試したのが猫のガンにも有効かもしれないサプリイペットでした。猫の...

これまでの経過を見てもらえば分かりますが、ウチの白猫は発症して半年以上経つのに、未だにピンピンしています余命は最短で3ヶ月と診断されていたのに、暴れまわって寝て、起きてご飯を食べまくっているわけですが、その謎は、子猫用粉ミルクをガンガンいれていることと、綱渡りのように投与している抗癌剤の効果かも。うちの猫は抗癌剤で死にかけているので、獣医さんも抗癌剤の投与を躊躇する状況だったのですが、ひょんな事か...

猫が癌になってしまって、抗生物質を入れたり、抗癌サプリイペットSを入れたりしています。人間のがん患者の場合は感染症対策を徹底的に行うわけですが、うちの猫も、素人が出来る範囲の感染症対策をしています。例えば、注射筒や食器などの除菌ミルクを皿に入れて飲ませてもキリがないので、注射筒で飲ませているのですが、その注射筒はシッカリ次亜塩素酸ナトリウム系の液につけて除菌しています。ココまでする必要もないかもし...

うちの猫は抗癌剤で死にかけて、獣医さんも追加投与は貧血の度合いを見ながら慎重に行う状況なのですが、飼い主としては抗癌剤を投与できない間もがんの進行をなんとか食い止めようとイペットを投与しています。さらに、今回AHCCリキッドのイムファンを追加投与することに。液体サプリメントイムファンとイペットの相乗効果で少しでも持ちなおしてくれれば嬉しいのですが。